【JT純正】イタリア産牛革使用のプルテク用高級アクセサリーが新発売!

ploom-isamukatayamablacklash-collabo ニュース
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ISAMU KATAYAMA BLACKLASH」とのコラボアクセサリーが登場!

今回JTから、革ブランド「ISAMU KATAYAMA BLACKLASH」とのコラボケースが発売されました!対象デバイスは

  • プルームS
  • プルームテックプラス(旧モデル)

こちらのブランドは革製品に特化したブランドで、素材開発から全ての工程をこだわり抜いたブランドメーカーさんとのこと。

少し大人な雰囲気をもつタバコ製品と相性バツグンですね。加熱式タバコのガジェット感を打ち消してくれるアクセサリーです。

今回発売されたのは以下の3種類のアクセサリー。全て見ていきましょう!

プルーム・エス・2.0・レザーカバー

PloomS IKB accesory
価格20,000円
素材レザー
カラーブラック
素材メーカーGuidi(イタリア)
購入ページCLUB JT

まず最初はプルームS本体用のレザーケース。従来のケース同様、ケースに入れたまま利用できる本体ケースです。

側面にはファスナーとストラップがあり、充電時などには簡単に取り外せるようになっています。ストラップもあるので、ポーチなどにも付けられるとのこと。

かつてのガラケー時代にズボンのベルトにガラケーを入れれるケースがありましたが、これもベルトを通すフックにつけることで、腰にプルームSを携帯してもおしゃれかもしれません。

また、これは全製品でそうですが、全て牛革利用なので利用する中で、革の味がでてくるのもいいですね。

プルーム・テック・プラス・レザーカバー

PloomTECH+ IKB accesory2
価格19,000円
素材レザー
カラーブラック
素材メーカーMONTANA(イタリア)
購入ページCLUB JT

続いては旧プルームテックプラス用ケース。プルテクプラスは新機種が発売されましたが、やはりJTさんとしても、旧機種も新機種もどちらも長所短所があり、完全にウィズが優れているというコンセプトではないようです。

そしてこのストラップ、見ただけでは使い方がわかりにくいですね。実際にプルームテックプラス本体を装着してみるとこんな感じ。

PloomTECH+ IKB accesory2

ケースは小さく見えたのですが、実際は本体丸ごと収納されるタイプです。写真の通り、プルテクでは必須と言えるマウスピースも並行利用できるのもGOOD

こちらのケースはネックストラップということで首から下げて利用可能。確かに首から下げることを考えると、ウィズのように丸っこいデバイスでなく、旧プラスのような細長いデザインのデバイスだと印象もかなりスタイリッシュです。

またこちらのケースはケースを付けたまま充電可能とのこと。個人的にはウィズの利用が多いですが、このケースをみると旧プラスもいいなと思ってしまいます。

プルーム・マルチケース

Ploom multicase
価格50,000円
素材レザー
カラーブラック
素材メーカーGuidi(イタリア)
購入ページCLUB JT

最後はこちらのマルチケース。プルームテックプラスやプルームS 2.0だけでなく、タバコスティックやカプセルも一つのケースにしまえるとのこと。

またプルーム製品意外にも、以下画像の通りカード8枚分の収納スペースおよび小物入れもあるとのこと。

Ploom multicase

私も基本的に出かける際は

  • スマホ
  • 財布
  • タバコ

3種の神器を持って出かけることが多いので、このポーチがあれば夏場のポケットが少ない時も安心ですね!

とはいえ流石本物の牛革製品、ケースにしては少し高めの価格設定なので、最後はお財布と相談です。

販売情報

  • CLUB JT(公式オンラインストア)
  • プルームショップ(最寄りのプルームショップの確認はこちらから)

今回のプルームアクセサリは、CLUB JTおよび全国のプルームショップにて数量限定で販売されるようです。

個人的にはプルテクプラスのネックストラップが非常にスタイリッシュに感じました。特に黒色のプルテクプラスだと、非常にかっこいいですね。

数量限定なので、ビビっときた方は一度JT公式サイトにてご確認ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ニュース
スマホまわり部

コメント

タイトルとURLをコピーしました