【4/13確定!】新型glo「グローハイパー」が新発売!詳細まとめ

glo-hyper-debut eye catch glo

先日から噂されていたgloの新機種「glo hyper」。

ついに本日BATのメルマガにて、「4/13日よりglo hyperを販売!」という発表がありました。

では早速「glo hyper」を見ていきます。

youtube channel suscribe image
sumaho-mawari youtube channel image

新発売の「glo hyper」の基本情報

glo hyper debut image

glo hyperのスペックを従来機のproとnanoと比較します。

glo hyper(新機種)glo proglo nano
加熱時間20秒(ブースト時15秒) 20秒(ブースト時10秒)40秒
使用時間4分(ブースト時3分) 4分(ブースト時3分)3分30秒
充電時間約90分 約90分約60分
連続使用回数約20回 約20回約10回
重量106g98g61g
カラバリ3色(ブルー/ホワイト/オレンジ)4色(バーガンディー/ピスタチオ/ブラック/シャンパン)4色(ネイビー/ブルー/レッド/ホワイト)

充電時間や連続利用回数は、従来モデルの「glo pro」と変わりませんね。

通常モードでの加熱時間は変わらず、ブーストモード利用時の加熱時間は長くなりました。新採用のスティックはより太くなったので、その影響でしょう。

何が変わった?

タバコ葉が増量されたhyper専用スティックを利用する形に

glo hyper new stick explanation

glo hyperの最大の特徴は

・タバコ葉が増量されたより太いhyper専用スティックを利用すること

です。

従来スティックより4ミリ太くなり、その分タバコ葉の量も30%増量され、吸い応え改善に期待できそうです。

これまでのglo専用スティックは他の加熱式タバコと比較してかなり細い部類だったので、今回のhyper専用スティックがちょうどアイコススティックやPloomS用のスティックと同じサイズになりそうですね。

hyper専用銘柄は6種類

現在発売が予定されているhyper専用スティックは以下の6種類です。(500円/20本入り)

  • テラコッタ タバコ
  • フレスコ メンソール
  • フリーズ メンソール
  • フローレセント シトラス
  • ブリリアント ベリー
  • トロピカル スワール

初期で6銘柄なので、十分豊富な銘柄数ですね。

スマ部編集長
スマ部編集長

これらの銘柄については発売以降に実際に吸ってみてレビューしますので、乞うご期待!

より早く、高温で加熱されるように(※Proと同じ)

glo hyper features

glo hyperはglo pro同様のIH方式での加熱技術を採用しています。

加熱温度はまだ公開されていませんが、同じ技術を採用しているglo proと同じであれば280度。(ブーストモード利用時)

加熱時間も早くなったとは言え、従来機のglo nanoよりは20秒早くなったものの、proからは短くなっていません。

この辺りはメインの変更点とは言えなさそうです。

Pro同様、hyperもType-C採用?

これはあくまで推測でしかありませんが、すでに公開されているglo hyperのデバイス画像を見る限り、充電端子の形がType-Cの形状に見えます。

今回は発売当初から3,980円での発売なので、そこまで高い価格帯ではないはずですが、それでもType-Cに対応しているならありがたいですね。

glo hyperの発売情報

発売価格は3,980円

glo hyperは3,980円で販売。

前回のproの新発売時は4,980円だったことや、他の加熱式デバイスの相場を考えると、ありがたい値段設定です。

販売は4月13日から

glo hyperの販売は4月13日から。

しかし店舗によっては14日から販売の店舗も多いようです。

glo hyper stick sales image
立ち寄ったコンビニにて。見にくいですが、「4月14日入荷」と書かれていました。

発売当日に購入したいという方は、事前に入荷日を確認しておいた方がいいでしょう。

どこで買える?

  • gloストア
  • gloオンラインストア
  • コンビニを含む主要たばこ取り扱い店

で購入可能です。

オレンジカラーのみgloの公式ストア限定カラーとなっているので、注意しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました