【グロー臭?】グロー特有の匂いはあるのか?他機種とも比較!

glo series 2 smell verification eye catch glo
sumaho-mawari.com youtube channel

「アイコス臭のグロー版ってないのかな。。」
「グローって周りの人的には臭いのかな。。」

加熱式タバコの一番のデメリットとも言える「独自臭」。この独特臭はグローにもあるのか疑問に思われた方も多いのはないでしょうか。

今回の記事ではこのグローの独特臭について「紙タバコ歴5年のルームメイト」の隣で実際に吸ってみて、独特臭の有無を問いました。

加熱式の独特臭は自分で気づきにくい

左から順に「glo series2 / prom tech plus / iqos2.4 plus / iqos3 multi」

加熱式たばこあるあるの特有の匂い。アイコスであれば「アイコス臭」などといった匂いは非常によく聞かれます。加熱式たばこもあくまでたばこ葉を低温で燃やして蒸気を発生させる仕組みの製品のため、何かを燃やしたような匂いがどうしても出てしまう製品が多いです。

これは喫煙者の方や喫煙者の周りの方であれば理解できると思うのですが、加熱式たばこの独特の匂いというのは「吸ってる本人はわからない」ものですよね。筆者も自分が喫煙している時は全く気づかないものの、友人がアイコスを吸い始めると「アイコスくさい!」とよく言ってしまいます。

自分では気づけない匂いであるからこそ、自分が利用しているデバイスについて外部に匂いが出ているのか出ていないのか、しっかりと把握しておくのものエチケットの1つでしょう

【グロー臭】グローは特有の匂いがあるのか周りの人に聞いてみた

今回は「喫煙者本人は気づかない加熱式タバコ臭」について検証するため、助っ人に調査の協力を依頼しました。今回検証に協力していただいたのは筆者のシェアルームメイトの友人くんです。彼の簡単な紹介としては

ルームメイトくんの喫煙プロフィール
  • 喫煙歴5年(peace、vape←現在気管支炎で療養中)
  • 加熱式たばこ系は吸ってない

です。ということで、今回はアイコス、プルームテックも比較対象にし、三種類の加熱式たばこの喫煙者の隣で匂いを体験してもらいました。

【グロー臭】あるにはある。

dog smell

※今回検証に用いたのは「glo series 2」

残念ながら、「グロー臭は、あります!」。加熱式たばこ特有の、葉巻では発生しない独特な臭が発生していました。

調査に協力してくれたルームメイトくんによると、匂いの感想としては。。

ルームメイト
ルームメイト

焦げた感じ。ポップコーンを連想しました笑。紙タバコの匂いとは全然違います。そこまで不快感はないかな?

ということでした。自分はグローの銘柄はケントを吸っています。

glo series 2 kent image

吸ってる側としては、特に吸い始めの3パフくらいは、アイコスのマルボロメンソールよりもキック感が強くかなり強いメンソールといった印象があったのですが、特にメンソールの匂いが強いというわけではないようです。

グロー臭は、アイコス臭よりは何倍もマシ。

iqos 3 multi smoking image

※今回検証に用いたのは「iQOS 3 multi」

加熱式タバコの雄といっても過言ではないアイコスシリーズですが、匂いの評判の中では残念ながら一番臭いと言われることが一番多いです。筆者も自宅にて圧倒的に一番よく吸うのがアイコスなのですが、シェアルームくんによると

ルームメイト
ルームメイト

一番臭い!笑 言い方悪いけど、ドブの匂いを薄くした匂いですね。まあそれでも、さすがに紙タバコよりは断然マシですね。

らしいです。。

自分は正直紙たばこをガッツリ吸いだす前に、アイコスに変えてしまったので、友人がアイコスを吸っている時にアイコス臭を嗅いでも全然嫌な匂いだとは思わないのですが、やはりアイコスは「アイコス臭」という言葉ができてしまうだけあってそれなりに不快な匂いを出してしまっていると言えるでしょう。

プルームテックのみ無臭

proom tech plus image

※今回検証に用いたのは「PloomTECH+」 12/27日まで期間限定割引中。

最後に検証するのが、JTが販売している「プルームテックシリーズ」。

加熱式タバコの中でもプルームシリーズは加熱温度がグローやアイコスとは異なり40℃と非常に低い「低温加熱タバコ」と呼ばれるジャンルに分類される加熱式タバコになります。

これだけ低温であるおかげでタバコ葉を温めているような温度ですのでルームメイトくんも

ルームメイト
ルームメイト

無臭これはすごい。もはや吸ってても吸ってなくてもわからないや

ということです。今回の記事で紹介している大手3種の加熱式タバコのなかでも圧倒的に「不快な匂い」は抑えられている商品になっています。加熱温度が40℃のおかげで、物が燃焼した時に発生するガスが抑えられているからではないでしょうか。

より詳しく解説すると、プルームの仕組みは、一旦40℃まで熱したリキッドの蒸気をタバコカプセルと呼ばれるタバコ葉を通すことで、タバコのような吸い心地を得られるという商品になっています。なるほどこれなら燃焼による悪臭は出にくくなっていそうですね。

まとめ

ということで、まず加熱式たばこの匂いの検証結果としては

アイコス グロー > プルームテック(無臭)

ということになりました。アイコスは結構臭くて、グローは不快な匂いではないれど一応匂いはあって、プルーム・テックは無臭!ということですね。ですので、アイコス、グロー製品を利用する際は「紙たばこじゃないから吸う前に相手に聞かなくていいや!」ではなくきちんと事前に了承を得た方がよさそうですね。

匂いが気になるならプルームテック一択。

周りへの匂いが気になるのなら、正直加熱式タバコであれば選択肢はプルームテック一択です。しかし当然プルームテックは匂いが少ない分、吸い応えがいまいちと言う声が多いのも事実です。そこで「匂いも気になるけど吸い応えも十分な機種が欲しい!」と言う方に朗報です。

【SAROME VAPE-1】VAPE×PloomTECHの爆煙加熱式デバイス

プルームテックの弱点であった吸い応えを改善した、強化版プルームテックプラスのような互換機が発売されています。それが「SAROME VAPE-1

スマ部編集長
スマ部編集長

SAROMEは珍しい「国産Ploom×VAPE併用デバイス」で安全性や保証内容も安心。


SAROMEは安全面に限らず、機能面でも本家のPloomTECH+がパワーアップしたデバイスです。

  • VAPE規格で爆煙仕様
  • 「液跳ね問題」対策済み
  • 自分でリキッド補充可能なのでタバコカプセルが余る心配なし
  • 簡単リキッド自己補充でタバコ代を節約。純正カートリッジは不要ならタバコ製品ではないのでメルカリ等で簡単に販売可能
  • 日本喫煙具協会の安全基準をクリア

コメント

タイトルとURLをコピーしました