【買えなくなる?】タバコ生産停止ニュースを解説

tabacco-sales-stop eye catch ニュース
sumaho-mawari.com youtube channel

新型コロナウイルスの影響でタバコが生産停止されるのではというニュースが広く拡散しています。

tabacco stop production twitter trend image

Twitterでもずっとトレンド入りしている今回の「タバコ生産停止」ニュース。今後のタバコ販売はどうなってしまうのでしょうか。

あくまで「販売停止呼び掛け」。

今回のタバコ販売停止にニュースはあくまで、「タバコの販売停止が呼びかけ」に過ぎません。それ故、直ちにタバコが販売停止になるわけでは無いです。

今回のタバコ生産停止のニュースは、呼吸器系や肺の専門家や医療関係者などからなる国際組織である「国際結核肺疾患連合」が

新型コロナウイルスのリスク低減に向け、喫煙者に禁煙を求めるとともに、たばこ会社に製品の製造と販売の停止をよびかけた

ことが原因です。

↓ニュースソース(英語/国際結核肺疾患連合)↓

The Union’s statement on COVID-19 and Smoking

https://www.theunion.org/news-centre/news/the-unions-statement-on-covid-19-and-smoking

再度になりますが、見ての通り、あくまで「呼びかけ」ですので、直ちにタバコの販売を禁止する拘束力を持った内容ではありません。そのため買いだめなどは今すぐする必要はないでしょう。

喫煙とコロナによる致死率の関係

では実際に喫煙と新型コロナウイルス感染者の致死率に相関はあるのでしょうか。

先ほどの「国際結核肺疾患連合」によると

  • 喫煙は免疫系を弱め、感染への効果的な対応をしにくくなる。
  • 喫煙は肺疾患を患うほか、肺の機能が落ちている場合があるため、深刻な疾病へのリスクが高まる。

としています。

死亡者の25%以上が喫煙者

米医学誌、ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシンによると、患者1000人強の内、人工呼吸器を必要とし、数中治療室に収容され、また死亡した人の25%以上が、現在と以前の喫煙者だったということが示されました。

とはいえ、あくまで非専門家の個人的な感想ですが、そもそも世界の喫煙率を考えると、果たして明確な相関があるのかは疑問に思いました。

世界の喫煙率(2015年/Wikipedia)

アメリカ11.4%
中国24.7%
日本19.3%

世界の喫煙率はこのような数値です。一応調査の対象になっていると推測される国々の統計では正の相関があると言えなくはないですね。

中国では喫煙者の感染者で深刻な疾病や合併症のかかりやすい現象を確認

中国では既に、喫煙者は新型コロナウイルスに感染すると、より深刻な疾病や合併症にかかりやすいことが確認されています。

このように喫煙が肺に与える影響は否定しがたく、現時点ではコロナウイルスと喫煙に関する関連も当然未解明な部分が多いため、ひとまずウイルスの流行が収まるまでは個人的には喫煙を控えた方が良いのではないかと考えています。

【おまけ】glo hyperの発売タイミングが残念

先日発売が発表されたglo hyper。このような地合いでの新規機種の発売開始はかなり厳しい戦いになりそうです。。

私も非常にhyperは楽しみにしていたので、hyperだけはお試しで吸ってみようと思います。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました