プルームテックプラス「ウィズ」を実機レビュー!

ploomtechplus-with-review eyecatch プルーム・テック

プルームテックプラスが発売されてから約一年半。ついに後継機種となる「プルームテックプラス ウィズ」が発表されました。

そこで今回、実際にウィズの実機を用いて、旧機種からの変更点などを中心にレビュー、評価してみます。

購入や乗り換えを検討されている方にむけ詳細に分析しましたので、是非参考にしてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

プルームテックプラス「ウィズ」とは?

PloomTECHplus with body image
発売日11月2日より
発売場所CLUB JT、プルームショップおよび一部たばこ販売店
価格2,980円
カラバリブラック / ホワイト
※実店舗での販売は都内限定※

JTより11月2日より発売されるプルームテックプラスウィズは、旧プルームテックの携帯性や利便性を向上させたデバイスです。簡単に特徴をまとめておくと

「ウィズ」の特徴
  • 本体が超コンパクトになった
  • ディスプレイでカプセル残量、電池残量が確認できるようになった
  • カプセル、カートリッジは従来のプラスと共通

ウィズはこのような後継機種となります。

↓動画でもレビューしています↓

ウィズのスペック

旧プルームテックプラスプルームテックプラスウィズ
本体全長15cm7.8cm
本体重量41g37g
充電時間90分60分
カプセル残量確認機能直前に通知目盛りで残量把握可能
電池残量確認機能直前に通知目盛りで残量把握可能
充電端子micro-USBType-C

非常にコンパクトになりました。また、ディスプレイが搭載され、カプセル残量や電池残量が詳細に確認できるようになりました。

フレーバーは旧プルームテックプラスと同じ

カプセル、カートリッジは旧プルームテックプラスと共通です。プラス用のフレーバーは現在

  • メンソール3銘柄
  • フレーバーメンソール9銘柄
  • レギュラー3銘柄

の合計15銘柄があります。詳しくはプルームテックのフレーバー全部吸ってみた!にてレビューしています。

ウィズのデザイン

本体パッケージおよび本体

PloomTECHPLUS with box and body image

本体も小さくなりましたが、化粧箱もかなりコンパクトになりました。

付属品

PloomTECHPLUS with accesories image
  • プルームテックプラスウィズ本体
  • ACアダプター
  • Type-Cケーブル
  • 取扱説明書

ウィズを使った感想

総じて、「順当な進化を遂げた、プルームテックプラス」と言えるでしょう。これまでのプルームテックプラスの課題である

  • カプセル交換のタイミングが直前まで分からない。(強制リセットで対応)
  • 本体が特殊な形状で、持ち運びにくい。

という課題をクリアしたのがウィズです。

ディスプレイが搭載されたことでガジェット好きの心を揺さぶり、かつ手動ロックなどのカスタマイズ性や充電性能も向上しました。

とはいえタバコデバイスとして肝心の「吸い心地」が変わったわけではありません。マイナーアップデートといえばそこまでです。ですのでこれまでのプルームテックプラスを不便に感じていたりする方にはおすすめの機種となります。

①予想以上に小さく、軽くなっていた

旧プルームテックプラスプルームテックプラスウィズ
メイン素材金属プラスチック
全長15cm7.8cm
重量41g37g

プルームテックプラスウィズは大幅に「軽く、小さく」なりました。

全長に関しては旧機種の約半分の7.8cmになりました。写真の通り、紙巻きタバコより短いサイズとなりポケットに簡単に入るサイズになりました。持ち運びも楽々です。

またサイズも4gの軽量化となっていますが、実際に持ってみるとそれ以上に軽くなったように感じます。

プラスチックになったことや、コンパクトになったことで、「これなら持ち運びも楽ちんだな!」という印象を与えるデバイスになりました。

②プラスチック素材は意見が別れそう

PloomTECHplus body line image
プルームテックプラス
プルームテックプラスウィズ

プルームテックプラスウィズは本体軽量化に伴い、プラスチック素材で作られています。

そのため、ウィズは各部の加工の雑さが見えてしまいます。

旧プルームテックプラスは反対にメインの素材が金属なので、縁取りに関しては質感が高いです。

③ディスプレイが便利

ディスプレイが搭載されたおかげで

  • 電池残量の確認ができる
  • カプセル残量の確認ができる

ようになりました。

これまではカプセル残量と電池残量は直前までわからなかったので、これは非常に便利です。

PloomTECHplus-with-cartridge-led-image

またカートリッジ背面にLEDが搭載され、暗所でもリキッド残量が確認できるように。これも利用する時間帯や場所によっては便利かも。

④カプセルホルダーの取り付けが簡単になった

PloomTECHplus unmatch image
ずれて取り付けてしまった例
PloomTECHPLUS with capsule image
ウィズは向きがなく、簡単装着

ウィズはカプセルホルダーの取り付けが簡単になりました。

ネジ式が廃止され、半周回すだけで取り付け可能です。地味にこれがカートリッジ交換の時に便利になるんですよね。

⑤社外充電器で充電できなくなった

PloomTECHplus with charge fail image
社外充電器で充電できない時
PloomTECHplus with charge success image
正しく充電できている時

glo hyper用に使っていたType-Cの充電器ではウィズは充電できませんでした。

純正充電器の利用も推奨されているので純正の物を使いましょう。

ウィズの使い方

ウィズの使い方についてはプルームテックプラスウィズの使い方!にて詳細に解説していますので、この記事では簡単にまとめます。

初期セッティング

初期セッティング
  1. カートリッジを入れ、カプセルを挿入する。
  2. ボタンを3連打する。
ploomtechplus-with-step1
PloomTECHplus-with-step-2

まずカートリッジ、カプセルを挿入し、その後ボタンを3連打します。ロックモードが解除され吸えるようになります。

ロック/ロック解除

PloomTECHplus-with-auto-lock-mode
PloomTECHplus-with-locked-image

ウィズは旧プラス同様、放っておくと自動でロックされます。ロックがかかると画像右側のように鍵マークが表示されます。

このロックを解除するにはボタンを3連打します。逆に吸い終わってロックをかける際も同様にボタンを3連打します。

自動ロックモード/手動ロックモード

PloomTECHplus-with-manual-lock-mode
PloomTECHplus-with-auto-lock-mode

ウィズでは一定時間の無操作による自動ロックを防ぐ「手動ロックモード」が使えます。(画像左側のように「M」の表記が出る)。

  • 自動ロックモード : 6分間無操作で、自動的に使えないようになるモード
  • 手動ロックモード : 無操作ではロックがかからず、手動でのみロックがかかるモード

手動ロックモードにすることで、不本意な自動ロックを避けれます。

画像の通り、カプセル表記の右下に「M」の表記があれば手動ロックモード、なければ自動ロックモードです。

手動ロックモード⇄自動ロックモードの切替

バイブが鳴るまでボタンを3秒以上長押しする。

総評

今回のウィズは、見た目や機能性が非常に向上した形となりました。

現在のプルームテックプラスが抱えていた利便性等の課題を確実にクリアしたと言えるでしょう。現在のプルームテックプラスを不便に感じられている方には非常におすすめと言えます。

繰り返しになりますがその反面、実際の吸い心地などの向上はないです。さらなる吸い応えが欲しいという方には少し向かないでしょう。

2021年2月更新
PloomTECH+に新型「With」が登場!■

リソース : JTプレスリリース

スポンサーリンク
スポンサーリンク
プルーム・テック
スマホまわり部

コメント

タイトルとURLをコピーしました