【必要?】プルームテックの掃除 / メンテナンス方法を解説!

howto-clean-maintenance eyecatch プルーム・テック
sumaho-mawari.com youtube channel

プルームテック/プルームテックプラスは他の加熱式タバコと少し仕組みや形が違います。

タバコスティックは刺さないけど、でも一応タバコだし。。掃除必要??

という方に向け、今回はプルームテック / プルームテックプラスは掃除が必要なのか?必要ならどう掃除しないといけないのかをまとめました。

より快適にプルームテックを利用する方法も解説していますので、最後までご覧ください。

プルームテックは掃除不要

PloomTECH-body-image

プルームテックは掃除が不要です。

プルームテックのように本体にアトマイザーを挿入する形でなく、カートリッジを本体バッテリーにネジで取り付ける形になっています。

それ故、漏れたリキッドが本体(バッテリー)に付着しない構造になっています。

掃除するとすれば直接口に触れる周りのみ

強いて掃除するならば、直接口に触れる部分くらいです。

ご時世もご時世(20年のコロナパンデミック中に執筆中です。)なので、衛生管理の一環として直接口に触れる部分は綺麗にしておいたほうがいいでしょう。

マウスピースもおすすめ

ploom-tech-mouth-piece-attatched-image
プルームテック用マウスピース。100均で購入可能

毎回掃除するのが面倒という方は、使い捨てもマウスピースがオススメです。

100均で5個入りで100円で販売されているので、毎回利用するたびに新しいマウスピースを利用されると衛生的です。

またマウスピースは衛生的なだけでなく、キックの倍増にも繋がります

上記の写真を見てもわかる通り、蒸気の通り道が狭くなるので、タバコベイパーがさらに勢いよく喉に直撃して吸い応えが非常にあがるので、これもオススメです。

プルームテックプラスは掃除推奨

PloomTECH-body

プルームテックプラスは反対にクリーニングが推奨されるデバイスです。

プルームテックプラスの液漏れ問題でも解説していますが、プルームテックのアトマイザーはどうしてもリキッドが漏れてしまいます。

この漏れてしまったリキッドをきちんと掃除してあげたほうが良いということです。(必須ではないです。)

漏れたリキッドが付着しやすい部品は以下の2種類。

①カートリッジカバー

ploom tech plus cartridge case image
↑カートリッジカバー↑

これがプルームテックプラスで一番汚れやすい部品「カートリッジカバー」。

ploom-tech-plus-cartridge-cover-1
カートリッジカバー内部にリキッドの液漏れ汚れ

通常利用をしていても、蒸気の様にアトマイザーから漏れたリキッドがカバー内部に付着します。

乾いたティッシュを割りばし等につけて拭き取ってあげましょう。(水洗いはできないので注意!

クリーニングが面倒なら液漏れ対策済アトマイザーがオススメ

もし日々の漏れたリキッドのクリーニングが面倒だ!という方には上の様な「互換アトマイザー」がオススメ。

リキッド漏れ対策の施されている専用アトマイザーも販売されているので、おすすめです。

カプセルホルダー

ploom tech plus capsule holder image
「カプセルホルダー」の裏側部品。リキッドが付着しているのがわかる。

タバコカプセルを挿入する「カプセルホルダー」も掃除推奨です。

ホルダーの下部がアトマイザーと接しているため、どうしても漏れたリキッドが付着しがちです。

ploom tech capsule holder image
出典元「https://www.ploom.jp/techplus/howtouse/

ちなみにこのカプセルホルダーは水洗いOKに指定されているパーツです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました